マナラ BBリキッドバー

時短できてカバー力も高いと評判の、マナラBBリキッドバーを使ってみました。

BBと名前がついているのにクリームではなくリキッド。しかもスティック状のバータイプ。

変わってるー!使ってみたい、と思っておりましたw

 

リキッドだけど、肌の凹凸が悪目立ちしない

今のところ、私が一番気に入ってリピートしているのはスティック形式のクリームファンデーション。

肌に傷跡が多く、凸凹しているのでそれをカバーしてくれる質感と、ツヤの出るオイル分が欲しくてね。

リキッドファンデーションはどうしても毛穴や傷跡に入り込んでしまい、アラが悪目立ちするのであまり使いません。

このマナラBBリキッドバーも同じかなぁと思いながら、まず使ってみました。

 

まず最初の印象は「小さいなぁ

内容量は7g。手のひらにすっぽり収まってしまうくらいの小ささで、すぐ使い終わっちゃいそうだなって思いました、最初は。

下部のダイヤルで繰り出して使います。5mmくらい出して、肌の上を滑らせるようにしてつける。

スルスルっと薄く伸びて、なおかつちゃんと色がのってるので
お、これは最初の印象と違って、すぐに無くなるタイプじゃないかも
と考え直しましたよ。

肌にのったところは、ちょうどハンドクリームか何かをつけたような感じに。油分が多いんでしょうかね。

リキッドというには水分が少ない感じがします・・・とろけるリップクリームみたい。

とても柔らかいし、体温でとけるのかすぐにじんわりとしてくるので、手早く指で広げます。

顔につける時は内側から外側へ線を描くように伸ばし、カバーしたい部分は重ねづけ。

指でサッと広げてから、スポンジでたたくと良い感じになじみますね。

 

広げた後はツヤツヤになり、肌の凹凸も隠れます

これはイイかも~!

厚く塗るとギラつくので、薄く重ねづけが正解

マナラBBリキッドバーには、くすみ対策としてブライトピーチパウダーというのが配合されています。

そのため、薄く桃色になり血色がよく見えるけですが、厚く塗ってしまうとこのパウダーがギラつく感じになるんですよ。

なので薄く塗り広げるのが正解ですね。

シミなど、カバーしたいところには点でつけ足し、周囲をぼかして使うといいです。

ホットクレンジングゲルとセットで使うのが良さそう

今回私が買ったのは、限定セットでクレンジングゲルがついてるヤツだったんですよ。

というわけでせっかくなので、クレンジングゲルも使ってみました。

 

オレンジ色でゼリーみたいな質感。広げていくと、肌表面がぽっかぽかあったかくなります。

粘り気はあまり強くない。油分が強いですね。

肌にのせる前に、両手のひらで広げて温めてってことでしたんで、そのようにしてみました。より温かい気がする。

顔に広げたら、軽くマッサージするような感じでなじませる。さらに、手のひらを濡らして一度水分となじませてから、すすぐと落としやすいです。

ダブル洗顔は不要、とのことですが・・・個人的には洗いたい感じでした^^;

ほかのファンデーションを落とすのにはどうかわかりませんが、セットで売られていただけありBBリキッドバーとの相性はバッチリって感じでした。

このクレンジング、まつエクつけてても使えるみたいですよ

私はクレンジングには特に惹かれませんでしたが、BBリキッドバーは良かった。このファンデーションを使う時には、クレンジングも使おうかな。

BBリキッドバーはクリームと同じくらいの凸凹補正力があり、色味の補正もしてくれるのでなかなか優秀。

しかも安いので、手軽にどんどん使えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です