ベアプロ リキッドファンデーション

ベアエッセンシャルは「ベアミネラル」を作ってるメーカーです。

そんなわけで個人的にはミネラルファンデーションのイメージが強いんですけど、ミネラルファンデ以外の化粧品も作ってるんですよね。

「ベアプロ」は、まさにそのミネラルファンデ以外のファンデーションです。

似たような形状の、「ベアファンデーション」はミネラル成分と美容成分で作られたリキッドだったんですが、販売が終わってしまったみたいですね。

個人的にはミネラルの方が好きですけど、こちらにも興味を惹かれて使ってみましたよ。

ねっとり、ツヤツヤなベールをまとったようになるリキッドファンデ

リキッドファンデーションの中で、苦手なのは肌が覆われてしまって、皮膚呼吸が出来なくなるのでは・・・と感じるようなヤツです。

今は少なくなりましたけど、私が若い頃はそんなのが多かったんですよね~、タール?みたいな質感のものが。

いくらカバー力があっても、そういうのだったら愛用品にはならないなーと思いつつ、まずは使ってみました。

 

ガラスのボトルは高級感がありますね

色味が10色、バラエティに富んで揃えられてます。私はサンダルウッドを選びました。

ボトルを見た時は「赤かったかな」と思いましたが、肌につけたらそうでもない。むしろ明るく仕上がったので、良かったですね。


想像してたより、サラサラした質感。もっと脂っぽく、クリームっぽいかと思ってました。

つける量は、どのくらいカバーするかによりますけど、ひとまず顔全体分で、上の写真くらいの量で充分です。

 

中身が酸化しないようにするためか、こぼれないようにするためか、ポンプの頭がロックできるようになってます

使う時は、矢印の方向に回して中身が出るようにするってわけですね。

プッシュする頭の部分が楕円で、何気なく押しやすかったりして、ちょっとした気配りが嬉しい感じ。

ベアはこういう、機能的な工夫がいいですね。

 

香りはあまり感じません。伸びがよく、すぐにサラサラになるのであっという間にベースメイクが終わります。広げてすぐ、いったん「塗ったー」って顔になります。

少し経って皮脂と馴染むと、ツヤが出て白さは落ち着きますね。

顔に広げるには、指やスポンジより、ブラシがいいです

毛足の短い方で、顔の曲線に沿って撫でるように広げると、うまくできますね。

 

仕上がりは、自然とはちょっと言い難い感じです

カバー力がありツヤも出るので、どちらかというと作った顔になりますね。

日常使いには好き嫌いがありそうですけど、バッチリオシャレする時には良さそう。

乾いた後は、少々こすっても色移りしにくいので、腕や脚を露出するときにボディファンデとして使うのにも、向いてるんじゃないでしょうか。

保湿状態も継続するので、ここ一番のオシャレをするときに使いたいと感じるファンデーションですね。

ベアプロ リキッドファンデの公式ページはこちら >>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です