セ パルフェBBクリーム

ケミカルフリーの化粧品が増えてますね。

少し前までは、石油系の原料でしか作れなかったような成分も、天然成分から作れるようなり、肌に負担をかけにくいので人気が高まっているようです。

セパルフェBBクリームも、「ノンケミBB」としてネットで人気が高かったので、使ってみようと思い買いました。

パッケージから出してみたら、思いのほか小さなチューブ

税抜きで2600円で、こんなに小さいとは思いませんでした^^;

BBクリームはだいたい、安いものが多い印象があったので。でもこれ、すごく少量で伸びるんですね。


このくらいの量で、顔全体がカバーできます。

 

BBクリームはもともと、傷跡などを隠す役割と、敏感な肌にも使えるのがウリ。ノンケミカルであればよけい、肌に優しいと思えるのですが、カバー力という点では やはりちょっと弱いかなと思います。

通常の、ファンデーションの密着度を高める下地クリームと比べて、肌のデコボコは目立たなくできますが、色の濃いシミは隠せないですね。

シミがうっすらと見えていても、それは自然な仕上がりにつながるので 完璧に隠れなくてもいい、という場合は、充分使えると思います。

ケミカルフリーで石けんで落とせるので、ミネラルファンデーションの下地に使ってもいいですね。

 

ちなみに、成分表を見ると一番はじめに「シクロペンタシロキサン」が表記されています。これは通常、石油由来の成分のものが多いので、あれれ?と思ったんですが、今は天然鉱石から作られるんですね。

同様に、BGやエタノールといった成分も、サトウキビから作られたりしてますね。

リソウファンデーションもそうでした。そういう製品は今後増える傾向にある気がします。

お値段はケミカル使用品よりちょっとお高めになりますけど、肌にトラブルが起きやすい人の場合は、後のダメージを考えるとやっぱりノンケミカルの方を選びたいですもんね。

 

セパルフェは、ラメとは違うキラキラ感があります。油分のテリに近い感じのキラキラで、つややかというよりはギラつきに近い印象。


パウダーをのせると気にならない程度なんですが、この点は好き嫌いがありそうです。

なかなか良い質感のBBクリームで悪くないんですが、カバー力がもう少し欲しい・・・とか、ギラつきは要らないという人には、リソウリペアファンデーションの方がおすすめかな、と感じます。

セパルフェは 店舗でもあまりたくさん見かけないので、買いにくいという難点もありますね。ケミカルフリーで、毛穴を主に隠したい、という人に向いていると感じるファンデーションでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です