バレエ用品メーカーのチャコットの、肌に優しいパウダーファンデーション。

衣装・シューズなど、バレエ用品を作っているメーカー「チャコット」は、肌に優しい舞台用コスメも販売しています。

舞台用メイク品と聞くと、ドーランのようなべったりと塗りたくる、肌に良くないものというイメージがありました。

でも、いまどきはそんなことはないのね。カバー力はあるけど肌に負担が少ない、という製品が多く作られているみたいです。

肌に優しいのは間違いなし

パウダー状のファンデーションで、どちらかというと仕上げのお粉、って印象ですが、下地クリームの上にパフでつけるタイプのファンデです。

個人的には、パフよりもブラシでつけた方が、きめ細かくつややかに仕上がるのでおすすめです。

 

パウダーだけを見た印象は、「白い・・・」という感じ

選んだ色はナチュラルオークルで、一番濃いめの色なんですが、それでも白いなぁと感じました。

でもミネラル成分が多いパウダーって、皮脂を吸収すると肌になじむものが多いんですよね。なのでチャコットもそうかなーと思い、つけてみることに。

 

使い方としては、スキンケアをした後、日焼け止めや下地クリームをつけた後に、パフかブラシで顔の凹凸を活かすようにつけていきます。

パフでつける場合は、パンパンと顔に叩くようにつけないで、磨くように。肌の上でパフを細かく滑らせるように、小さな円を描くようにして使うとキレイにつきますよ。

ブラシの場合は、顔の中央から外側に向かって、肌の上を刷くようにしてつけるとうまくいきますね。

パウダーのキメが細かいので、下地を使わないとシワなどに入り込んでしまいます。なので必ず下地は使ったほうがいいと思います。

舞台むきだと感じるのは、光り方

原材料も肌に刺激の少ないものが使われているし、保湿成分として油分も多く使われているので悪くないんですが、気になったのはギラつき感

やっぱり舞台化粧っぽいんですよね。顔の凹凸の、高い部分が光る感じになるので、遠目で見ると美肌に見えます。でも近くで見ると、肌のキメが目立ってしまう気が。

もちろん、元の肌がつるんとしていれば特に問題はないんですけど、シワが多い人が使うと、シワを目立たせてしまうような気がします。

あとは好みですね。個人的には、湿り気を感じるツヤがあるのはいいんですが、キトキトした感じのツヤ感は好きじゃない。

これはちょっと普段使いはしづらいかな?と感じました。

そして、時間が経ってもやはり白い感じは否めません。もともとがイエローベースの肌の人には、明るさが出ていいと思いますが、私のような色黒には向かないかなーという印象でした。

 

バレエ用ということで、皮脂にも強く崩れにくいし、肌にも優しくていい。容量が多く入っているので、コスパも悪くないと思います。

質感が嫌いでないなら、悪くないんですが、個人的には積極的に使いたいファンデーションではないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です