ファンデーションに下地は必要なの?それとも不要なの?

ファンデーションを使う前に、肌をなめらかに見せるために下地を使いますよね。

ニキビ跡や毛穴の凸凹を隠し、肌の色も均一に見せるのに効果的な下地クリーム。でも最近は、下地効果もある、というファンデーションもあります。

そういう製品を使えば、下地は使わなくてもいいのかな?と思っちゃいます。

下地は紫外線防止と、ファンデの密着度をアップしてくれる

下地の一番大きな仕事は、ファンデーションと同じで肌をキレイに見せることです。その意味では、肌に大きなトラブルが無い人は、そもそも下地を使わなくてもいい、ってことになります。

でも今では、ファンデーション同様、下地にも色んな機能があります。

だから自分の肌質や状態に、必要な働きがあるとすれば、やっぱり下地は使ったほうがいい、ということになりますね。

 

下地の主な働きは、ファンデーションの密着度をあげること。油分の多いファンデーションの場合、保湿力が高い分、皮脂と混ざると崩れやすくなる、という側面もあります。

反対に、乾燥した肌に油分の少ないパウダリーファンデーションを使うと、ヨレやすくなります。

つまり皮脂が多すぎるにしても、少なすぎるにしてもファンデーションの密着度は落ちるわけです。

そうそう肌の調子が万全な人っていないので、だいたいの人は下地を使っておいた方がいい、ということになりますね。

 

例外はミネラルファンデーションを使う場合。ミネラルファンデーションは粉状ですが、ブラシに含ませる時にクリーム状に変化します。

そしてファンデーション自体が皮脂を吸収して密着度を高めるので、肌とファンデーションの間に何もない方が都合が良いのです。

 

そしてもうひとつ、下地の大事な仕事は紫外線防止効果です。

紫外線対策をしないでおくと、肌は刺激で乾燥してしまいます。乾燥はシミの原因になるし、たるみの原因にも。肌にとって良いことは なにひとつないし、一度トラブルが出てしまうと、カバーするのは難しくなります。

全く日を浴びないのは健康に良くない気もしますが、少なくとも顔にさんさんと陽光を当てる必要はありませんよね。それでなくても顔は布で覆われる事なく、一年中紫外線を浴びていますから。

ファンデーションにも紫外線防止効果は多少ありますが、それがメインではないので、効果は少しという感じです。

この点でも、ミネラルファンデーションは例外です。ミネラルファンデーションは酸化チタンなど、紫外線防止効果のある原料で作られていますから、特に日焼け止めを使う必要はありません。

こう考えると、ミネラルファンデーションって最高ですね。石けんで落とせるし。下地を使わずに済みますからね。

ミネラルファンデーションの他にも、そういった働きがあるファンデーションも出てくるかもしれませんが、今のところタルクを使った通常のファンデーションには、下地は必須かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です