発色効果で顔色が良く見えます。アスタリフトのファンデーション

FUJIFILMのエイジングケアシリーズ、アスタリフトから、サクラオーラパウダー配合の新しいファンデーションが発売になりました。

アスタリフトといえば赤い成分「アスタキサンチン」が配合されていることで有名ですね。

新シリーズのファンデーションにも、もちろんアスタキサンチンも配合されています。

さらにそれに加え、今までにない新開発の成分も配合されているということで、使ってみることにしました。

サクラオーラパウダーの働きで輝く肌に

アスタキサンチンも赤い成分ですが、新開発・配合のサクラオーラパウダーは、肌の上で赤色光を多く透過・反射させるというもの。

美容にとって赤い色って、縁の深いものなんだなぁと思ってしまいます。

新しいシリーズの開発で、テーマになったのはカバー力と透明感のある仕上がりの両立だったとか。

肌の上でサクラの光学特性を再現する、という技術で両立を実現したってことで、桜のような肌になれるという。

期待しちゃいますね。

ポンプ式のボトルで、アスタリフトシリーズらしく赤が映えるパッケージ。スキンケア品と違って、透明感よりも光り輝くような色になってます

高級感はありますがボトル自体はプラスチック製で軽いです。握りやすい細さで、なかなか使いやすかったですね。

こういうボトルって中身の残りが分からないのが困ったりしますが、残量の分かる小窓がついてました。

使う量はお好みで、って感じですが、個人的には1プッシュで十分と思いました。

光のコントロールについて、具体的にはどうするのかは、公式ページに分かりやすく書かれてるのでそちらでどうぞ。と、いうかよく分からないです(笑)

下地をしっかり作ることで、より美しい肌に仕上がる

実際に使ってみましたが、下地をしっかり作ってから使うと、よりチカラを発揮すると感じましたね。

毛穴の補正は、下地を作りこまなくてもしっかり出来る感じです。ただ、細かいシワとか濃いシミは、このファンデーションだけでは隠しきるのは難しそうですね。

かえって、大きなシワなら隠せると感じました。細かくくしゃくしゃっと寄るタイプの小ジワを隠すには、ファンデをつける前の肌を、どれだけ保湿できるかにかかると思います。

しっかり保湿しておけば、ファンデーション自体は薄くても十分、良い仕事をしてくれそうですよ。

アスタリフトにはUVケアを兼ねた優秀な下地クリームがあるので、それを使っておくと良さそうです。

 

同じサクラオーラパウダーを配合したパウダータイプのファンデーションもあります。肌にあまりアラがなくて、軽い仕上がりが良い場合は、パウダータイプがいいかもしれませんね。

私はリコピンやコラーゲンなど、保湿成分がより多く配合されているリキッドタイプの方が合うかな、と思いましたね。

肌質や仕上がりの好みによってタイプが選べるのもいい感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です