シミ?シワ?カバーしたいものによって選ぶファンデは違う

ファンデーションにして欲しいことは、肌のアラをカバーして、素肌をキレイに見せてくれること。

シミやそばかす、開いた毛穴、ニキビ跡のデコボコなど、隠したいアラのタイプもさまざまです。

どの程度、どんな風にカバーしたいかは、考えてファンデーションを選んだほうが良いですね。

しっかりカバーならリキッド、ふわっとカバーならパウダリー

最近のファンデーションは高機能なので、あれこれ塗り重ねなくてもカバーできるものが多くあります。

そのため、厚塗りに見えてしまうとか、べったりとついてしまい、美肌感がなくなってしまうということも。

肌をキレイに見せてくれるのが目的なのに、仮面をかぶったようになっては逆効果ですよね。

ファンデーションは大きく分けるとリキッドタイプ、パウダリータイプ、エマルジョンタイプとあります。

メーカーによっては、パウダリーだけど肌にのせるとクリームになるとか、リキッドだけど乾くとパウダリーのような質感になるとか、色々あります。

自分の肌質に合っていて、カバーしたい部分をうまく隠してくれるものを選ぶことが大事ですね。

気に入っているメーカーがあれば、そのメーカーで好きなタイプを選んでいいと思いますが、特にこだわりがないのであれば、色々なメーカーのものを使ってみるといいです。

化粧品は必ず試せるものですから、顔にのせずに買うのはやめたほうがいいですね。

そして初めてつけてみた製品は、その場で買わずに1日程度、様子を見たほうがいいです。

慣れてても、必ず試す

自分にはパウダリーが合うから、と思っていても、メーカーによってはカバー力や密着度、皮脂への強さなどが違います。まずは使って、崩れ具合や発色のもちなども確認したほうがいいですね。

私が使ってみた中であったのは、リキッドタイプで顔につけた時にはカバー力が高く、素晴らしいと思ったんですが、時間が経ったら顔から浮いたようになってしまい、お面をかぶったように。

確かにシミも毛穴も隠れてはいるんですが、透明感がなくちょっと怖い感じになっちゃったんです。

皮脂を吸収してクリーム化するタイプだったので、私の皮脂が多すぎたのかもしれませんが、私にはちょっと合わないなと感じました。

カバー力が欲しいのはやまやまなんですが、素肌が多少透けてみえるというか、透明感がないとやっぱり老けて見えるし、肌がキレイとは感じないんですよね。

その後は同じメーカーのパウダリーが気に入って、続けて使っていました。リキッドはコンシーラーのように使うことにして、事なきを得ました^^
カバー力と一口にいっても、肌のアラが完璧に見えないようにしたいのか、多少は見えても自然なほうがいいのかなど、求める高さは違うと思います。

自分が肌をどんな風にカバーしたいのかを頭において、ファンデーションは選びたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です