コフレドールグランは年代より、乾燥度合いで選んで

コフレドールのファンデーションやパウダーは人気がとても高いみたいですね。私の周りでも使っている人が多くいます。

私も一時期使っていましたが、乾燥を感じるのと、色展開が私に合わないので、使うのをやめてました。

でも、コフレドールグランという上の年代向きのシリーズがあるというので、それもちょっと使ってみようかなと思い、買ってみましたよ。

年代というより、肌質かな

パッケージに「50代からの高機能ファンデーション」とある通り、肌ヂカラが衰えた年代の肌に良さそうな処方。

伸びもよく、カバー力も通常のコフレドールシリーズよりあるみたいなので、期待しました。

コフレドールグランには下地クリーム、リキッドファンデーション、パウダーファンデーションとあって、カバー力がどの程度必要かで組み合わせを選べます。

私は顔にけっこうな傷があり、濃いシミもあるので、一番カバー力を発揮できるであろうリキッドファンデ+パウダーファンデを組み合わせてみました。

 

リキッドファンデーションはパッケージが小さめ。でも使う量も少ないので、実はコスパが悪くありません。

50代からの・・・っていう割には、ちょっとパッケージがチープかな・・・^^; 個人的な感想ですけど。

伸びが良いし、パウダーファンデと組み合わせて使うなら、本当に少しの量でOKです。

スポンジで簡単に伸ばしただけで、ムラなく広がるので使いやすいですね。通常のコフレドールシリーズよりも、この時点でしっとり感が強いと感じました。

人気が高いだけあって、粉が優秀

シミなどの気になる部分にはリキッドを重ね塗りすると、キレイに隠れます。少しずつ重ねて、シミのない部分との境目をぼかすようにするとうまくいきますね。

グランのリキッドファンデの色展開は、ピンクが強いように思います。その点でも、シミなどのカバーに向いているかも。

その上からパウダーファンデをつけます

 

コンパクトケースは黒基調に、外箱にもついてるバラの模様が入ってます。大人っぽくもあり、少女趣味でもあるといった感じ。

中身のパウダーファンデは微粒子で密着するタイプです

もともと、コフレドールは粉が優秀で、ファンが多いようですね。グランシリーズも、リキッドの方は 悪くないけど特筆すべき良い点ってのもあまりない。パウダーの方は、なかなか優秀だと思います。

 

パウダーは肌に密着してくずれにくく、発色も長持ちしました。そしてしっとり感も長持ちしますね。50代からの~と謳われている通り、乾燥しがちになる年代の人をターゲットにしているのはよく分かります。

ただ、乾燥するのは年代というよりもやっぱり肌質だと思うので、50代といわず若い方でも使っていいと思いますね。

赤みの強い色合いなので、特に色白な方は色選びに迷うかも。その他の点は、特に50代以上向けに作られている、とも感じられないですね。

コフレドールが特に乾燥するシリーズってわけでもないんですが、乾燥が気になる肌の人、また乾燥する環境にいることが多い人は、グランの方を選んでもいいんじゃないかと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です