ソフィーナのプリマヴィスタは2種類。年代で合うほうを選びましょう

つけたての色や質感を保つと評判の、花王ソフィーナのプリマヴィスタ。

30代・40代特有のゆらぎ肌にも対応して、肌の調子の良しあしにかかわらず化粧のりの良さをキープできるとか。

しかし私が以前使ってみた時は、正直そこまでいいとは思えなかったんですよね~。

年代で選ぶのには理由がある

と、いうのも私は40代後半で、ゆらぎ肌よりも黄ぐすみしがちなんですよ。

それで、つけたての色が持続するといっても、くすみが隠れるほどではないなーと思っていましたが、使うファンデが年代に合っていなかったというオチでした。

最初に使ってみた方は、通常のプリマヴィスタ

くずれにくいマイナス5歳肌といううたい文句に惹かれて使ってみまして、確かに色味は長持ちしました。

生理前とか寝不足などで、肌のコンディションが今ひとつの時も化粧のりが悪くなりにくかったです。

でも、この年代特有のくすんだ肌の感じは隠せないなーと思ったんですよね。

プリマヴィスタには、肌の内部に届く光をコントロールして、肌にあるデコボコの影を目立たなくするパウダーが配合されているとか。それで顔色が明るく見えるみたいですね。

でもくすみが隠せないんじゃーなと思ってましたが、プリマヴィスタには50代向けのディアというシリーズがありました。

光をコントロールするパウダーの、働きが違いました

ディアの方は、配合されているパウダーが光補正だけでなく、色調補正の効果もあるので、黄ぐすみしやすい50代以上の肌には最適

保湿成分も通常のプリマヴィスタより、高いみたいです。

実際、つけててもしっとり感が続くように思いますね。発色もディアの方が良いように思います。ディアは同じ色番でも、ファンデ自体が白く感じます。

 

下地クリームは、同じものを使っていいと思いますね。プリマヴィスタの化粧下地は、ちょっと多めに使うといいと思います。

毛穴と色ムラをカバーする働きで、けっこうさらっとしてます。クリームというより、乳液に近いテクスチャでした。

この下地、香りがちょっとケミカル臭が強いんですが、保湿力が高くてつやつやになります。

下地を伸ばした上にファンデをのばすと、サラサラなのにツヤツヤになって、かなり調子が良い肌に見えます。

馴染むとちょっと白浮きが気になるかも。色選びで迷ったら、暗い方を選んだほうが良さそうですね。

肌のコンディションも個人差のあることですが、目安として40代前半まではプリマヴィスタ、40代後半にはディアと切り替えた方がいいかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です