人気のマキアージュとコフレドール、どちらを選んだらいい?

資生堂のマキアージュと、カネボウのコフレドールはどっちがいいか、という話がよく出ます。私のまわりでの話なんですけどね。

ターゲットにしている年代が同じなのかどうか分かりませんが、ファンデーションを選ぶときにマキアージュとコフレドールで迷う、って話が出るんですよ。

私は両方使ったことがありますが、どちらも似てるし、香りやケースが好きなほうでいいんじゃないかと思っています。そのくらいの違いなんですよね~。
 

使い方がちょっと違う、マキアージュとコフレドール

コフレドールは以前の記事で書いたように、下地との組み合わせがおすすめのファンデですが、マキアージュも同じように下地との組み合わせがおすすめです。

違うのは、下地の使う量でしょうか。

コフレドールは下地をきっちり、たっぷり塗って、ファンデは肌の上をひと刷毛、くらいの使い方が良いと思いました。

マキアージュは下地乳液を薄く広げるのがポイントって感じですね。

下地乳液は水分の多い感じですが、広げると意外と粘度が高く、少しの量で顔全体に均一に広げることができます。

肌にツヤを出しつつ、細かい凹凸を隠す感じの下地なので、あまりたくさん塗るとテカテカになってしまいます。

個人的には、香りがちょっとボンドっぽい?のが気になりました^^;

薄く均一に広げたら、肌になじむまでちょっと待ちます。肌になじんだら、ファンデーションを顔の上に置いていくようにしてつけると、自然な感じにつけられますよ。

マキアージュは肌にのせて色を選ぼう

面白いのは、マキアージュってファンデ自体を見るとけっこう黄味が強いのに、肌にのせるとむしろ赤みが強く感じることです。

下地乳液との相乗効果なのか分かりませんが、粉だけを見た状態と、肌にのせた状態では色味が違うのが面白いと思います。

色を選ぶときは、見た感じではなく、肌にのせてみて決めた方がいいと思いますね。

 

私は乾燥よりの混合肌なんですが、個人的な感想だと、コフレドールは乾燥肌の人に、マキアージュは普通から脂性肌よりの人に向いていると感じます。

もちろん、肌のコンディションを整えればどちらでも使えると思いますが、マキアージュの方は乾燥した部分につけると、時間が経ってからシワが目立つように思います。

粒子が細かく、肌のきめに入り込むからかも。コフレドールの方は、下地を多めにつけるせいかもしれませんが、シワが目立つようなことはありませんでした。

皮脂となじんでつやつやになるのは、マキアージュの方かなと感じましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です