コフレドールのファンデーションは、合う下地とセット使いで

カネボウのコフレドールシリーズは、カバー力があるという評判をよく聞きます。

その代わり、厚塗り感が出てしまうとも。

カバー力と厚塗り感は表裏一体ですよね。他のファンデーションでもそうですが、使い方で結構変わるんじゃないの?と思い、ちょっと色々やってみました。

一番感じたのは、下地とセットで使うべきだ、という点ですね。

コフレドールのファンデはたくさんの種類がある

コフレドールのファンデーションには、パウダリータイプ・リキッドタイプ・クリームタイプに加え、BBクリームタイプもあります。

一番ポピュラーに使われているのは、コンパクトに入ったパウダリータイプかなと思いますね。化粧直しもしやすいですし。

 

化粧水や乳液を塗った顔に、いきなりファンデを塗る人は少ないと思いますが、下地も自分に合ったタイプのものを選ぶ方がいいですね。

カバー力ばかり考えて選んでしまうと、仕上がりが厚塗りになりやすいみたい。

下地は乳液タイプ、クリームタイプと、顔色の補正をするタイプとあって、自分の好きな仕上がりになるものを選びたいところ。

毛穴やニキビ痕など、肌表面のでこぼこが気になるならブライトカバーベースがいいし、乾燥してまだらになりやすいなら、美容成分の多いクリームタイプを選んだ方がいいです。

上の年代になるにつれ、とにかく毛穴を隠したい!と考える人は多いみたいで、肌がどんな状態でもブライトカバーベースを選んじゃう、なんてこともありそう。

でも、乾燥する方が仕上がりにとっては良くないことです。保湿をしっかりしてくれる下地を選んだ方がいいと思いましたね。

 

下地を使わないとボッテリした仕上がりに

カバー力がある代わりに、ぼてっとした仕上がりになると聞きますが、それって下地とファンデの使い方に問題があるんじゃないか、と今回使ってみて思いました。

と、いうのも、下地にもファンデにも補正成分が配合されているので、どっちもしっかり塗ってしまうと軽い仕上がりにはならないんですよね。

何パターンかやってみたんですけど、コフレドールのファンデは下地を使わないと、粉っぽく均一な仕上がりになっちゃうんですよ。

カバー力があるということは、艶も凸凹もつぶしてしまう傾向があるということでもあります。

下地を使って、まずは肌の状態をよくしておき、ファンデはつけたし程度に使うのが、キレイに仕上げるコツかなと思いました。

 

私が気に入ってる使い方は、まず下地を丁寧に、ちょっと多めに塗ります。どんなタイプを選ぶかは、肌質によってというところ。私は乳液タイプを使ってみました。

シミやクマが気になるところには、薄く丁寧に重ねづけします。もう、この時点でメイクが終わりじゃないか、くらいの感じで塗っていきます。一通り塗ったら、上からティッシュでちょっと押さえておきます。

そしたら、ファンデはその上にすすっと軽くつけるだけ。シマーパウダーをつけるくらいの感覚で、ひとはけする、くらいの軽さで充分です。

こうすると、崩れにくくテカリにくく、ナチュラルながらカバー力バッチリに仕上がります。

 

コフレドールは元々そんなに値段の高い製品ではないし、ドラッグストアなどで何割か安い値段で売られていることも多いですね。

デザインやリニューアル時には、激安で売られている時もありますから、化粧品売り場をチェックしておくとお得に買えるかも。

その時はぜひ、ファンデーションと一緒に下地もゲットしておくといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です