資生堂エリクシールは40すぎの年齢肌に。事前の保湿がポイントです

30代までは、20代に使っていたファンデーションをそのまま使えたんですが、40代に入ってからはちょっと様子が変わってきました。

それまで肌に合っていると思ってた製品が、ムラづきするようになったんです。

やっぱり歳を重ねたら、それまでとは違うものを使わないといけないのかな。

というわけで、おすすめのファンデーションを調べました。

資生堂のエリクシールが値段も手ごろで、人気も高いと聞いて使ってみることに。

最初はしっくりこなかった。なぜ?

エリクシールは確かに、中年向けの他のブランドと比べると、値段も手ごろだし、近所のドラッグストアでも買えて手軽。

なかなかいいかも、と思っていたんですが、使っているうちにちょっと気になることが出てきたんです。

エリクシールシリーズ自体が40代・50代むけということで、ファンデーションもカバー力が高いです。

そのせいなのか、べたっと厚塗りしたようになって、特に夕方にはメイクが濃いまま浮いたような状態に。

色が合っていないのか、塗り方が悪いのか、と色々考えました。

 

エリクシールのファンデーションは均一につくので、ムラにはならないんだけど、お面のようにべったりとなってしまいます。

以前使っていたものと同じようにパフでつけているのに、どうしてなんだろうと考えました。

いくら考えても分からないので、化粧品カウンターの女性に聞いてみることにしました。

資生堂のカウンターではなく、色んなメーカーの製品を並べているところで聞いてみたのね。

ひょっとしたら、もっと私に合うファンデーションを教えてもらえるかもしれないし、と思って。

そうしたら、私の使い方が良くなかったという事が分かったんです!

まずは保湿のスキンケア。ファンデはそれから活きる

元々、40代からは、30代までの肌のお手入れとはちょっと変えて行かないと。

肌の保湿状態が悪くなってますからね。

シリーズで化粧水から使えば、かなりしっかりと保湿されるみたいですが・・・

私のようにエリクシールのファンデーションだけ使っている場合は、意識して保湿をしっかりやらないとダメみたいです。

 

それを聞いてから、化粧水や美容液、保湿クリームもしっかり塗り、夜はパックするようにしてます。

保湿されると、それだけで肌の状態って良くなるものなんですね。

そして保湿をしっかりしたうえで、エリクシールの下地をちょっと多めにつけて、その上からファンデーションをブラシで軽くのせます

そうすると、肌のアラをカバーしながらも透明感があり艶のある状態にできるんですよ。

 

それまで使っていたものと同じく、スポンジでさっさっとつけたのでは、立体感が出ない。

カバー力があるぶん、厚塗りっぽくなっちゃうんですね。

パウダリーファンデをブラシでつけるの?と最初はちょっとビックリしましたが、けっこうしっかりと付きます。

ポイントは保湿をしっかりしておくこと、下地を多めに丁寧に塗っておくことです。

使い方のコツを掴んでからは、キレイに使えて嬉しかったですね~。

下地を塗ったり、ブラシでつけたりとちょっと手間はありますが、習慣になっちゃえば苦じゃないです。

この使い方なら、シミや毛穴もちゃんとカバーできて、ツヤ肌が続くので良かったですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です